fRsiファクターと呼ばれる温度ファクターは、ウォールコネクション(窓と隣接する壁との接続)によるカビの発生リスクの基準であり、DIN 4108-2に基づいています。

標準的な条件でカビが発生しないように、ファクターは少なくとも0.70に達する必要があります。fRsiの値は、表面温度が最低になる時点で決定されます。