ガラス部材は、DIN18008パート4の衝突防止用グレージングにより、高所からの人の落下を防止します。この規格はA、B、Cの3つのカテゴリーに分かれており、一般的にはかつて有効だったTRAVのルールに基づいています。

各カテゴリーの説明:

  • カテゴリー A:
    DIN EN 1991-1-1-1: 2010-12,6.4およびDIN EN 1991-1-1 / NA: 2010-12,6.4に準拠した、水平方向のペイロードを受けるために必要な高さの支持パラペットまたは隆起したスパーを持たないため、水平方向のペイロードを運び出さなければならないグレージングです。
  • カテゴリー B:
    下部で固定されたガラスブレースは、個々のガラスを必要な高さの連続した手すりで連結している。
  • カテゴリー C1:
    必要な高さで水平方向のペイロードを払わなくて済むレールインフィル。
  • カテゴリー C2:
    必要な高さに配置された耐荷重用クロスバーの下にあるグレージングで、必要な高さの水平ペイロードを取り除く必要がないもの。
  • カテゴリー C3:
    必要な高さの耐荷重性アップライトを備えたグレージングで、必要な高さの水平ペイロードを持ち去る必要がないもの。

このプログラムでは、必要な項目を追加することなく、有効な規格に沿ってグレージングを計算することができます。また、このプログラムでは、プロジェクトで考慮しなければならない標準仕様についても知らされます。